レビューの最近のブログ記事を表示しています。
過去のブログ記事については下部のリンクより参照ください。
前から持っていたダイソー メバル&カサゴ用ジグヘッド。
ついに自分の中で使い道がみつかりました。
何となく購入してから数年経過し、パッケージも旧旧パッケージという有様です。

ダイソーの当時のワームのラインナップでは、このジグヘッドは活かしきれませんでした。
今では50mm版のシャッドテールワームが販売されており、これが見事に適合します!!

ラインナップ

旧旧パッケージでは1g、2g、3gの3種類展開で、旧パッケージでは1gと2gの2種類展開だったと思います。
現行は1gと1.5gとコスト削減の関係か、軽いものだけになってしまいました。
2022-10-22-003.JPG
私はライトチニングという使い道を見出したのですが、2gがベストで使いやすいと思っています。
(針の大きさと投げやすさのバランスから、再販求む!!)

シャッドテールワームは通常は6本入り(50周年記念パッケージは9本入り)で、クリアラメとピンクグローの2色です。
2022-11-05-002.JPG

性能

(1)飛距離
軽いジグヘッドなので、飛距離はそんなに期待できません。
1gは飛ばすの難しいですね、2gはそこそこ飛ばせます。
もちろん3gはもっと飛びます。

要は特別な形状でもないので、可もなく不可もなくって感じです。

(2)泳ぎ
主にワームに関しての内容になりますが、テールの部分が結構アピールしてくれます。
アピールが良い分、魚も結構寄せてくれますが、テールだけ齧られることもしばしば。
河川でこんな感じなので、海だとフグによく齧られそうです。

今回紹介しているジグヘッドとの組み合わせだと、フリーフォールでテールがアピールしながら落ちます。
テンションフォールの場合には動かなくなるので、流れがないときはフリーフォールがいいと思います。

(3)耐久性
ジグヘッドについては針の素材は柔らかいです。
折れにくいのですが、曲がりやすいです。
40cmぐらいのチヌなら特に困りません。
逆に曲がってくれるので、掛かり方次第ですが、根がかりから針を曲げて回収できます。

ワームについては素材が柔らかめで動きが良い反面、そこまでもちません。
使っていると結構消費していきます。

おすすめの使い方

(1)ライトチニング
本来のメバル、カサゴでもよさそうですが、私はライトチニングで使えると思いました。
フォール時に結構アピールしてくれるので、チヌの着いていそうなところに投げ込んで落としこむのがよいです。
2022-11-03-008.JPG
製品名はうろ覚えですが、私が釣りを始めたばかりの頃にフィッシングエイト2で購入したものです。
PROX タモジョイントがヘタってきましたので、引っ張り出してきました。

安価なタモジョイントにありがちな形状で素材も金属製です。
元々は海釣りで使っていたものです。

耐久性とか気になる人が多いのではないかなと思います。
2014年に買って、ちょいちょいと海釣りで使っていたので、そのあたりの感想を書きます。

マルシン漁具 ジョイントパーツとは

マルシン漁具といえば、安価な釣具を提供してくれる会社です。
釣り初心者の頃にはよくわからないけど、安いものを買うとなると、気づけばマルシン漁具の製品を購入している可能性が高いです。
私がライトショアジギングを始めたばかりの頃、メタルジグのドラッグジグとか安くて釣れると言われてました。

このジョイントパーツも恐らく中国製で、他のメーカーでもよく売られている形状です。
カラーはレッドメッキ、ブルーメッキ、ガンメタメッキがあるようです。
私が持っているブラックはオリジナルカラーだったような記憶があります。

製品名 マルシン漁具 ジョイントパーツ
定価 オープン

外観

よくある形状です。
SANLIKEとか中国メーカーで似た形状はよく売られています。
2022-07-26-001.JPG

良い点

(1)耐久性はまずまず
超大物を釣ったわけではありませんが、80cmぐらいのサワラを入れましたが、特に問題ありませんでした。
製品自体もカチっとしているので、安心感はあります。
(まあ私自身、そんなに大物を釣ってないっていう問題もあるんですけどね...。)

(2)手に入れやすい価格
とりあえず、分からないけど使ってみるという場合には、やはり購入しやすい価格というのは重要です。
タモは嵩張るので、折りたためるだけでも携帯性がかなり向上します。

悪い点

(1)塩がみしやすい
金属製ゆえの宿命か、塩がみして、物凄く開きづらくなることがあります。
しっかりメンテナンスしていないと、いざというときに開かない可能性も...。

その点はPROX タモジョイントの方が優れているのですが、あちらはヘタるんですよね...。

総評

私が一番最初に買ったタモジョイント製品であるマルシン漁具 ジョイントパーツ。
比較的安価で、類似品もよく売られていますが、まずはタモを折りたたみたいという人にはオススメできると思います。

PROX タモジョイント レビュー

ランガンの必須アイテムであるタモジョイント。
定番のPROX タモジョイントを2016年から6年ほど使いました。

非常によい製品でオススメできるのですが、若干の不満も見えてきました。
ということで簡単ではありますがレビューしていきたいと思います。

PROX タモジョイントとは

「釣りをもっとお手軽に...」のスローガンでお馴染みのPROX社のランディングネット用のジョイントシステムです。
タモジョイントは金属製のものが多いのですが、この製品はガラス繊維強化プラスチックでできています。
カラーはブルー、ブラック、レッド、オレンジの4色でしたが、オレンジは完売となっております。

製品名 PROX タモジョイント
標準自重 75g
定価 2,980円

外観

プラスチック製なので、見た目は少し大きめです。
しっかり設計されているのか、強度は十分だと思います。
2022-07-10-002.JPG

良い点

(1)取付が簡単!!
タモジョイントはいくつか持っているのですが、タモ枠をピシッと傾きなく取り付けるのは意外と難しいです。
この製品はいくつかのパーツからできており、きちんと手順に従って取り付けるだけで、傾きなく取り付けられます。
言葉で言われてもよく分からないと思いますので、メーカーの出している取付動画を貼っておきます。


(2)プラスチック製なので錆びない!!
先ほど記載しておりますが、この製品はガラス繊維強化プラスチックでできています。
結果、錆びることがありません。
また、プラスチックだからといって、強度は特に問題ないように思えます。

悪い点

(1)劣化するとタモが開きやすくなる
6年ぐらい使っていて若干劣化してきているのか、タモが開きやすくなりました。
元からスーパーランディングシステムという「くるりんぱ」と手を返すだけで広げられるという機能があります。
プラスチックが若干削られてくるのか、保持するバネが弱るのか、開きやすくなっています。

かといって、広げた後に畳まれてしまいやすい訳ではありません。

総評

比較的手に入りやすいタモジョイント、定番ということもあり、非常に使い勝手がよいです。
一方で、プラスチック素材が削られて、タモが開きやすくなるという弱点もあります。
この記事を参考に、タモジョイントを選んでもらえればなと思います。

今年から都市型河川のシーバスゲームで使い始めたランディングシャフトです。
以前使っていたものは長さが270cmだったので、350cmと少し長いものにしました。

既に何回かランディングしたので、使用感を述べていこうかなと思います。

ランディングギア シャフト NANOとは

アルファタックル社製のランディングシャフトです。
このシリーズはSHAFT(仕舞66cm)、NANO(仕舞56cm)、SUPER NANO(仕舞36cm)と大きく3つに分類されます。
SHAFTは7.0m、6.0m、5.5mで、NANOは5.0m、4.5m、4.0m、3.5m、SUPER NANOは3.0m、2.4m、1.8mと多サイズ展開されております。

定価はそれなりにしますが、実売価格を見てみると、比較的安いランディングシャフトに該当するのかなと思います。

製品名 アルファタックル ランディングギア シャフト NANO 350
継数 8
全長 3.5m
仕舞 56cm
自重 380g
定価 9,500円

外観

黒をベースとしたカラーで装飾は金色という感じです。
※ランディングネットとタモジョイント等は別売りです。
2022-03-05-002.JPG

元々はベルトハンガーが付属していますが、背負うのに邪魔なので外しています。

良い点

(1)軽い
他と比べてという話もあるかと思いますが、自転車でランガンする分には全く問題がない軽さです。
魚をランディングして伸ばす時も片手で十分に操作できます。

(2)意外と安くて見た目もよい
前述していたとおりですが、意外と安く販売されています。
シャフト自体はややたわみやすいかなと思いますが、この長さだとそんなに問題にならないように感じます。

3mクラスのシャフトの場合は比較的価格が安いものを選択してもよいのかなと思います。
また、赤とか青とかではなく、落ち着いたカラーが好みの人にも良いのではないかなと思います。

悪い点

前の反省点を踏まえて選択したというのもありますので、今のところは特に不満はありません!!

その他

耐久性等は今後評価していくことになると思いますが、コイを掬ったときも特に問題なかったです。
このシャフトについては壊れるまで末永く使っていきたいと思います!!

前の記事に続いて、私が都市型河川のシーバスゲームで愛用していた(過去形)ランディングフレームです。
2016年から2022年まで、コイをリリースするときに壊れるまで愛用していました。

元々はOGK 超小継磯玉網ゼロGTのセットの35cmのランディングフレームを使っていました。
ただ、シーバス釣りに35cmというのは小さいかなということで、これを購入して使っていました。

ダイトウブク カラーフレーム網セットとは

ダイトウブクが販売するアルミ製のランディングフレームです。
直径が45cm、50cm、60cmのものが販売されております。

製品名 ダイトウブク カラーフレーム網セット 45
サイズ 直径45cm
自重 120g
定価 3,400円

外観

カラーはブルーのものとレッドのものがありますが、私が持っているのはレッドです。
2019-09-08-004.JPG

良い点

(1)軽い
アルミ製ということで、とても軽量です。
背中に背負うにしても、ランディングするにしても軽量な方が扱いやすくてよかったです。

(2)網の深さが深い
あまり意識せずに購入したのですが、網に深さがある点がよかったです。
意外と大きな魚が釣れた時に、深さがないと魚が入りきらないということもありますので。

悪い点

(1)耐久性
ランディングフレームは消耗品という気もしますし、6年も使ったので、しいて言うならばです。
破損はアルミパイプが折れる形で壊れました。
金属で水に触れる部分ということで、腐食とかは避けられないのだと思いますが、壊れてしまったので...。

事実ベースで書きましたが、これを本当にネガティブに感じるかは個人差があるような気もします。

総評

また購入してもよいかなと思いましたが、今使っているシャフトにブルーやレッドが合わず...。
ガンメタとかシルバーがあればな~と思います。

レビューの過去のブログ記事

プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。
月別アーカイブ