リールの最近のブログ記事を表示しています。
過去のブログ記事については下部のリンクより参照ください。
100円ショップのダイソーがついにリールを販売し始めました。
振り出しロッドとリールのセットは今までもありましたが、単体販売版です。
これを少し使ってみての感想、カスタマイズポイントを紹介したいと思います。

ダイソー リールとは

ダイソーが販売するフラッグシップのリールです。
(これしか販売されてないのと、500~700円という価格を考えたら過言ではない表現でしょう!!)

サイズ展開は1000番(ナイロン2号100m)、2000番(ナイロン3号100m)、3000番(ナイロン4号100m)の3種です。
1000番と2000番は500円、3000番が700円となっています。
私は2000番を購入してみましたので、以下は2000番の説明です。

製品名 ダイソー リール 2000
巻き取り長 -cm
ギヤ比 5.2
自重 213g(実測)
最大ドラグ力 7kg
ベアリング数 1
巻糸量 ナイロン:12lb 100m
その他の特徴 -
定価 500円

外観

先ほどの説明どおりですが、500円と思えば中々のものです。
2021-05-28-001.JPG

感想

(1)ボディ
ボディは無塗装でプラスチック製ですが、意外と剛性感があります。
成型色からZAIONボディと自分を奮い立たせて使うのがいいと思います。

(2)ローター
ローターはシンプルな形状ですが、肉抜きされていたり拘りを感じます。
逆転防止機能は付いていますが、ワンウェイクラッチでない昔からある遊びのある逆転防止機構です。
硬めで勢いをつけないと機能しませんが、一応オートリターン機能付きです。

(3)スプール
スプールはプラスチック製、こちらも肉抜きされていて、いかにも軽量そう。
エアスプールと信じて使うのがいいでしょう。
スプールエッジも滑らかで傾斜付きと、こちらも拘りが見え隠れしています。

(4)ドラグ
手で回した感じは不安定で、特定の位置に来ると硬くなります。
うーん、これは調整したいなぁ。

(5)ハンドル
ハンドルは供回り式ですが、この価格なら仕方がありません。
折りたたむことができるので、便利だと思います。
個体差なのか、私が買ったやつはハンドルノブのクリアランスがガチガチなのか、ほとんど回りません。

でも全体的には回転は滑らかです。ハンドルとギヤの遊びは大きいので、調整の余地ありです。

カスタマイズ

折角なので、少しカスタマイズして遊びたいと思います。

まずはドラグですが、ばらしてみると、ワッシャーは3枚です。
グリスは塗られていないみたいなので、アルティメットトーナメントグリスを塗ります。
2021-05-28-002.JPG

続いてラインローラーをボールベアリング化します。
分解した感じからDDL-740ZZを入れてみました。
2021-05-28-003.JPG

ちなみに逆転防止機構は以下のような作りになっています。
逆転防止をオンにすると、棒が飛び出してギザギザの部分で止まるようになります。
2021-05-28-004.JPG

ピニオンギヤにはベアリングが最初から入っています。
2021-05-28-005.JPG

ドライブギヤはカラーになっているので、これもボールベアリングにしちゃいましょう。
サイズ的にDDL-1170ZZを入れてみました。ついでにシムリングを入れて、クリアランスを調整しました。
2021-05-28-007.JPG

2021-05-28-008.JPG

2021-05-28-009.JPG

最後に余っていたマシンカットハンドルに交換して終わりです。
2021-05-28-010.JPG

さて、これでシーバス釣りにいってみましょうかね。
ロッドはもちろんダイソー ルアーロッドで!!

【新旧融合】DAIWA 13.5ルビアス 2508PE-H

最近では20ルビアスがでてしまっているので、若干今更感のある話ですが...。
15ルビアスってかっこいいですよね、特にスプールがかっこいいと思います。

でも個人的には12ルビアスのボディカラーに合わせた方がかっこいいんじゃないかなと思いました。
なければ作ればいいじゃないということで、作ってみました。
(作るといっても、互換性はあるので、組み合わせるだけです。)

組み合わせ

まず、ボディ側の12ルビアスについては2506Hを選定しました。

製品名 DAIWA 12ルビアス 2506H
巻き取り長 84cm
ギヤ比 5.6
自重 205g
最大ドラグ力 3kg
ベアリング数 7
巻糸量 ナイロン:4lb 170m、6lb 100m
PE:0.8号 130m、1号 100m
その他の特徴 ZAIONボディ
マシンカットデジギア
マグシールド
エアスプール
UTD
定価 29,600円

スプール側の15ルビアスについては2508PE-Hを選定しました。

製品名 DAIWA 15ルビアス 2508PE-H
巻き取り長 84cm
ギヤ比 5.6
自重 200g
最大ドラグ力 7kg
ベアリング数 8
巻糸量 ナイロン:5lb 160m、6lb 120m
PE:0.8号 150m、1号 120m
その他の特徴 ZAIONボディ
マシンカットデジギア
マグシールド
エアスプール
ATD
定価 32,900円

すなわち、12ルビアスのボディ、15ルビアスのスプールで融合すると、次のスペックに!!

製品名 (自称)DAIWA 13.5ルビアス 2508PE-H
巻き取り長 84cm
ギヤ比 5.6
自重 205g
最大ドラグ力 7kg
ベアリング数 7
巻糸量 ナイロン:5lb 160m、6lb 120m
PE:0.8号 150m、1号 120m
その他の特徴 ZAIONボディ
マシンカットデジギア
マグシールド
エアスプール
ATD
定価 Priceless

これは最強になりました、と言いたいところですが、中途半端な存在になりました。

外観

ハンドルは15ルビアスのものを使いました。
2020-05-13-005.JPG

あんまり変わらなくない?という声も聞こえてきそうですが、違うんですよ、これが!!
2020-05-13-006.JPG

完全に自己満足ですが、ちょっとしたカスタマイズでも楽しいですね。

【The King of Bait】DAIWA TEAM DAIWA-Z 103H

新しいリールを試したいな~と探していたら、TEAM DAIWA-Z、通称TD-Zを見つけ、気が付けば手元に。
TD-Zのデザインはハンドル以外は現代にも通じるデザインだと思います。
派手過ぎない落ち着いた感じは非常に洗練されて、かっこいい。

自重は175gと今でも十分に通用します。
古くても、よいものはよいのだなと、しみじみと感じます。

TEAM DAIWA-Z 103Hとは

TD-Zは当時のダイワ製ベイトリールの最高峰です。
100M USトレイルや103HL グリッピングレフト、103ML ミラーリングレフト、TYPE-R、TYPE-R+など、シリーズも多いです。

スペックから見ても実用性に優れた素晴らしいリールではないでしょうか?

製品名 DAIWA TEAM DAIWA-Z 103H
巻き取り長 66cm
ギヤ比 6.3
自重 175g
最大ドラグ力 4kg
ベアリング数 11
巻糸量 ナイロン:12lb 130m、16lb 100m
その他の特徴 エアメタルフレーム
ハイパートーナメントドラグ
マグフォースV
定価 45,000円

外観

TEAM-DAIWAのロゴがかっこいいです。
2019-06-15-001.JPG

2019-06-15-002.JPG

2019-06-15-003.JPG

2019-06-15-004.JPG

ハンドルを交換して、スティーズ用のSVスプールを載せて、使ってみたいと思います!!
今年もフィッシングショーの季節がやってきました。
セルテートがモデルチェンジし、LTコンセプト化された19セルテートが発表されました。
私は関西在住なので現物はフィッシングショーOSAKAで見たいと思いますが、写真からは04セルテートとカラーが似てる?ように見えます。

思い立ったら吉日ということで、セルテートの初代である04セルテートについて振り返ってみましょう!!

04セルテートとは

2004年に発売された初代セルテートです。
このリールからR::(リアルフォー)コンセプトが採用され、それまでのものと一線を画したものとなりました。

R::では「リアルエンジン」、「リアルコントロール」、「リアルエンデュランス」、「リアルカスタム」の4つをコンセプトにしています。
特に「リアルカスタム」においてはスプールやハンドルノブ等が販売され、カスタマイズを楽しめるようになりました。

アルミ製メタルボディにシルキーな巻き心地で、セルテートと言えば剛性感という印象を与えたリールでしょう。

製品名 DAIWA 04セルテート 2000
巻き取り長 63cm
ギヤ比 4.8
自重 230g
最大ドラグ力 4kg
ベアリング数 9
巻糸量 ナイロン:6lb 190m、8lb 150m、12lb 100m
その他の特徴 デジギヤⅡ
ABS
定価 38,500円

PEラインでしたら1号を200m、1.5号でも150m巻くことができます。
(19セルテート LT3000と同じ巻糸量で、自重もやや重く、ドライブギヤも小さいと微妙な感じですがね...。)

外観

濃い紺色をしていて、個性的なカラーリングでかっこいいです。
2019-01-20-001.JPG

2019-01-20-002.JPG

2019-01-20-003.JPG

2019-01-20-004.JPG

13セルテートのマシンカットハンドルをつけるとこんな感じ。
2019-01-20-005.JPG

2019-01-20-006.JPG

2019-01-20-007.JPG

今見ても、十分かっこいいですね!!
LTコンセプトのリールと比べると重量があるので、あえてダウンサイズして深溝スプールを使うのも面白いかもしれません。

US DAIWA フエゴCT 100HS 開封レビュー

話題のリール USダイワのフエゴCT 100HSを手に入れました。
中古ルアーをチェックしにタックルベリーに行ったのですが、新品コーナーで3,500円の見たことのないリール。
フエゴCTって聞いたことあるけどやたらと安いなーと思ったら、地味に話題になっているリールでした。

US版なので、国内版とは若干仕様が異なりますが、基本性能はさほど変わりません。
低価格ベイトリールだとシマノではバスライズやバスワンXT、アブガルシアではブラックマックスが主に購入されると思います。
バスライズが約5,000円ですがベアリング数1と耐久性が少し不安。
バスワンXT、ブラックマックスは約6,000円ですが、US版フエゴCTは限定とはいえ、3,500円...。

メタルボディで剛性感は十分ですし、マグフォースZも入っている...。圧倒的に買いだと思います。
特にお年玉が入った小中学生バサーはタックルベリーに1度行ってみるのもありだと思います。
(私が購入したのは2018/12/30だったので、場所によってはまだ買えるかも。)

低価格リール帯のスペック比較

折角なので、スペックを比較してみました。
製品名 US DAIWA フエゴCT SHIMANO 18バスライズ SHIMANO 17バスワンXT Abu Garcia 16ブラックマックス
巻き取り長 67cm/77cm/86cm 77cm 77cm 66cm
ギヤ比 6.3/7.3/8.1 7.2 7.2 6.4
自重 215g 200g 210g 202g
最大ドラグ力 6kg 5kg 5kg 6kg
ベアリング数 5 1 4 4
糸巻量(ナイロン) 14lb 110m
16lb 90m
12lb 130m
14lb 110m
16lb 100m
12lb 130m
14lb 110m
16lb 100m
14lb 130m
16lb 115m
20lb 90m
ブレーキ方式 マグネット マグネット 遠心 マグネット
実売価格(税込) 3,780円 5,023円 6,400円 5,834円

スペックだけだとバスライズ以外は横並びな感じです。
ただ、同じマグネット式でもフエゴCTはマグフォースZという回転数に応じてブレーキの強さが変わる機構を持っています。
また、ボディについてはフエゴCTのみアルミボディで圧倒的な剛性感があります。

仮にスペックに魅力を感じなくてほぼ同程度ととらえても、コストで勝っています...。恐るべし。

箱と内容物

箱はシルバー。入っているのはリール本体と取扱い説明書だけでした...。
2018-12-30-001.JPG

外観

外観はマットブラックに赤が指すデザイン。
国内版のフエゴCTより全体的に装飾はシンプルですが、これはこれで落ち着いてかっこいいです。
2018-12-30-002.JPG

2018-12-30-003.JPG

ハンドルノブは変わった形状。でもノブはカシメタイプではなかったので、交換可能です。
2018-12-30-004.JPG

感想

  • このクオリティで3,500円とはとても思えない...。
  • メタルボディの感じは17スコーピオンDCに近い印象。
  • 巻き心地はそれなりだが、特に問題なくスムーズ。

マグフォースZのリールは初めてなので、飛距離とかは投げて確かめてみたいですね!!

リールの過去のブログ記事

プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。
月別アーカイブ