ダイソー ジグベイト レビュー

このブログ、実はルアーのレビューは今までしたことありませんでした。
今回は私が最も使っているダイソー ジグベイトのレビューをしたいと思います。

ジグロックという製品もありますが、私は圧倒的にジグベイト派です。
ただ、最近は少しずつジグロックの方が増えてきていて、ジグベイトを見かけることが減ってるような気がします。

ラインナップ

重さは18g、28g、40gとライトショアジギングに最適な重量です。
2018-04-08-001.JPG

カラーはブルー、ピンク、オレンジの3種類があります。
私はベーシックなブルーとピンクばかり使っています。
100均クオリティのせいか、ロットによって結構塗装が違います...。
2018-04-08-003.JPG

チューニング

1個100円と非常に安いのですが、値段なりに塗装はとても弱いです。
ジグパラみたいなスーパー多層コーティングはこの価格帯ではできるわけもなく、ぶつけるとすぐに剥がれます。
さらには塗装が剥がれた箇所から一気に塗装が剥がれます。
というわけで私はウレタンドブ漬けをお勧めします。 ⇒ ルアー&メタルジグ ウレタンどぶ漬けのすゝめ

ウレタンコーティング剤を買わないといけないのですが、何個もドブ漬けすれば、そんなにコストインパクトはないと思います。
(むしろ、持ちと輝きが段違いなので、ドブ漬けした方がコスパいいんじゃないかなと感覚的には思います。)

デフォルトのトレブルフックは錆びやすいです。青物狙いならアシストフックをつけたいところ。
折角なので、フックも自作しましょう!! ⇒ アシストフック作成方法
2018-04-08-002.JPG

性能

リヤバランスのジグなので、飛行姿勢は綺麗で投げやすいです。
フォール時はバックスライドしていく感じです。
ジグロックと比べると巻き抵抗は小さ目な印象。ハイピッチのジャークもやりやすいように感じます。

最大の魅力はなくなっても100円なので、果敢に攻めるのに使えるところじゃないでしょうか!!

おかげさまでサワラも釣れましたし。
2016-10-29-004.JPG

もちろんハマチの実績もあります。
2016-04-10-004.JPG

まとめ

なんといっても安いので、初心者はダイソージグだけあれば十分じゃないでしょうか!!
ウレタンドブ漬けや自作アシストフックでパワーアップさせるなど、工作好きな人にもお勧めです!!
でも、おいている店舗って意外と少ないんですよね...。
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。