DAIWA 15フリームス 2506H レビュー

14エクセラー 3012Hのレビューに続いて、15フリームス 2506Hもレビューしていきたいと思います。
10~20gのジグやスピンテールジグ、メタルバイブ等を使って、青物やシーバスを狙う用途で使っています。
アブガルシアのクロスフィールド XRFS-862Mと組み合わせて、何でも用みたいな使い方をしています。

15フリームスとは

グローブライド社がダイワブランドで製造するエントリークラスのリールです。
普及帯のリールでライバル社との競争が激しいためか、比較的先進機能が取り込まれている印象です。
前世代の11フリームスからは、マグシールド(11フリームスはオイルシールド)、ATD(11フリームスはUTD)、
スーパーメタルボディ(11フリームスはZAIONボディ)といった変更がされています。

下位機種が14エクセラー、上位機種が14カルディア(最近では16EMMS)です。
同価格帯のライバル機種はシマノの12アルテグラという感じでしょうか。

製品名 DAIWA 15フリームス 2506H
巻き取り長 84cm
ギヤ比 5.6
自重 270g
最大ドラグ力 3kg
ベアリング数 4
巻糸量 ナイロン:5lb 140m、6lb 100m
PE:0.8号 130m、1.0号 100m
その他の特徴 エアローター
スーパーメタルボディ
ATD(オートマチックドラグシステム)
デジギヤⅡ
ABSⅡ
マグシールド
定価 16,300円

外観

外観は全体的にブラック。どことなくセルテートっぽい雰囲気を感じます。
ハンドルはカスタマイズしているので、カスタマイズした場合のイメージと捉えてください。
個人的には11フリームスのスプールを付けた方が、かっこいいなと思います。(態々やる人はいないと思いますが...。)
2016-08-16-002.JPG

良い点

(1)メタルボディによる高い剛性感
ボディは14エクセラーと同じくアルミニウム素材でできているため、とてもがっしりしています。
11フリームスはZAION(カーボン樹脂)でしたが、やはり金属素材の方が力を入れても歪みにくい印象です。

(2)巻き感の向上(特に11フリームスと比較して)
11フリームスと比較して、巻き感が向上しています。
11フリームスのボディはZAIONで比較的軽かったのですが、スプールはとても重量がありました。
スプールに重心がよっているせいか、やや不快な巻き感がします。
一方、15フリームスはボディが重くなったので、バランスがよくなって巻き感が向上しました。
11フリームスと比較して、ハンドルのガタつきも減ったように感じます。

(3)ハンドルノブ交換可能
デフォルトのハンドルノブはI字ノブに変更されています。(11フリームスはT字ノブ)
フリームスより上位機種はハンドルノブが交換可能なので、好みのものに変えられます!!

(4)高い防水性能
マグシールドが搭載されている点に加え、ドライブギヤのベアリング部分にゴムパッキンが入っています。

悪い点

(1)2506Hだとメタルバイブ使用時にパワー不足
これは私の番手選びの問題なのですが、メタルバイブ早巻き時にパワー不足が否めません。
ノーマルギアもしくはRカスタム仕様(3000番ボディに2500番ローター)の2508R-Hの方がよいかもしれません。

(2)装飾の簡素化
あまり悪いところがないので、若干無理に挙げてみました。
11フリームスと比較して、コストダウンのためか、エンジンプレート部やドラグノブの装飾がなくなりました。
完全に好みの問題なので、気にしない人にとっては特に問題になりません。

その他

(1)PEラインのキャパシティ
0.8号のPEラインを130m巻けるスペックです。0.8号を150m巻いたところ、かなり膨らみ、ライントラブルに繋がりました。
0.8号を使う場合にはスペック通りの量まで間引いた方がよさそうです。
どうしても150m巻きたい場合には2508R-Hの方がよいかもしれません。(通常の2508にはハイギヤ設定がない。)
ただし、ドラグがフィネスドラグではなくなってしまいますので、この点も考慮が必要です。

(2)耐久性
今シーズンから使用し始めたので、まだまだ評価中です。
メタルボディの効果もあって、耐久性は11フリームスより高まっているように感じます。

(3)ドラグ性能
ダイワの新鋭ドラグATDが採用されています。ジワジワとドラグが効いて、フッキング時にはラインが出ない。
非常に理想的なドラグですが、まだまだ体感できるほどの大物をとれていません(笑)

(4)重量
決して軽いリールではありませんが、8.6ftのロッドと合わせる分には問題ありません。
11フリームスより重くなっていますが、重心位置がよくなったおかげか、使用感は向上しています。
今回のレビュー対象ではありませんが、2000番台の場合は重すぎて使いづらいのではと思います。
(主な用途はアジング等だと思いますが、ロッドが軽くてバランスが悪いと考えます。)

総評

かっこよさ、防水性能、巻き心地とエントリーモデルとしては最良の選択と思います。
下位モデルの14エクセラーとの差は大きいので、デザインの好みがなければ、15フリームスの方がよいと思います。
上位の14カルディアや16EMMSはZAIONボディで軽量であるため、タックルバランスを考慮したり、
リールの番手を上げる場合には、そちらの方がよい選択となるかもしれません。

プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。