メジャークラフト ザルツ ZAT-T732M レビュー

ついこの間、65cmのサゴシを仕留めてくれたので、記念にレビューを書きたいと思います。
一度はライトゲーム アングラーを志したものの、繊細な釣りが私には難しく、出番が少ないこのロッド。

比較的軽量な20gまでのメタルジグに対応できることに気づき、活躍の場を見出しました。
こんな感じなので、ライトゲームとしてのレビューは期待しないでください...。

ザルツ ロックフィッシュモデルとは

メジャークラフト社が販売していたミドルクラスのロッドです。
(ミドルクラスといっても、メジャークラフトは低価格なので、他から見たらエントリーやや上ぐらい?)

ライトゲーム アングラーの道を志したため、メジャークラフトのロックフィッシュロッドは以下の3つ持っています。
  • ソルパラ SPS-T762M
  • KGライツ KGL-T732M
  • ザルツ ZAT-T732M

この3つを比較すると、もっともペナペナなのがソルパラ。
最もブランクスが細いのがKGライツ。
最も張りがあるのがザルツ。

特徴は三者三様です。
一番頼りないけど、恐らく食い込みがよいのがソルパラ。
バランスに優れているのがKGライツ。
そして同じロックフィッシュロッドなのかと思うほど強いのが、ザルツです。

明らかにブランクスに太さがあり、張りがあるザルツ。
メタルジグを使ったライトゲームに最適なように感じます。

製品名 メジャークラフト ザルツ ZAT-T732M
継数 2
全長 7.3ft
仕舞 -cm
自重 87g
対応ルアーウェイト 0.5g - 7g
テーパーデザイン レギュラーファースト
その他の特徴 ステンレスフレームSiCガイド
定価 15,000円

外観

外観は黒ベースに赤の装飾が入っています。
今風のロッドはカーボンテープが巻かれているのが多いので、ちょっと古臭い感じですかね。
2019-06-02-001.JPG

特徴的なのはチューブラーロッドですが、ティップ部分が白く塗装されている点です。
ナイトゲームでティップを視認しやすくなるように工夫されています。

良い点

(1)20gまでのメタルジグに最適
よもや何の話だということですが、張り具合からメタルジグに向いています。
自己責任にはなりますが、私は20gまで投げています。

流石に20gになると、アクションは仕切れないので、ファストリトリーブでジグを動かす感じになりますが...。
でも小型回遊魚には早巻きが効く気もするので、ちょうどよい気もします。

悪い点

(1)メバルには張りが強い
張りの強さが特徴ですが、繊細なアタリには食い込まないので、しっかりと合わせる必要があると思います。

その他

(1)適したルアー
メタルジグに向いています。5g~20gまで狙いものに合わせてお好みでどうぞ。

(2)重量
公式な表記はありませんが、大体87gぐらいです。
メバルロッドとしては普通かな?

(3)長さ
7.3ftはとても扱いやすいです。
海釣りでは短いですが、先述しているとおり、メタルジグで使っているので、飛距離は十分でます。
私の場合は、ライトショアジギングで疲れた時に使うサブロッドとして使っていますので、短くて軽いのはメリットです。

(4)テーパーデザイン
レギュラーファーストテーパーです。

(5)ガイド
Kガイドではありませんが、ティップ部にLDBガイドを取り入れるなど、ライントラブルが少なくなるように工夫されています。
使っていて特に不自由に感じたことはないです。

総評

もう発売から10年も経過しているロッドですが、個人的には名竿かなと思います。
中古価格も非常に下がっていますので、メタルジグを使う人は試してみても面白いかも。

プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。