【蠍座の主星(メインスター)】SHIMANO スコーピオン アンタレス

「遙かなる飛距離へのプロローグ」

「デビューにして、日本の10lbオーバーを仕留める」

「新たなる神話の始まり」

蠍座の主星(メインスター)たるアンタレスの輝きに魅了され、気が付けば手元に。
1998年発売ですが今も色あせないカッコよさがあります。

汽水域アングラーのため、中々実釣で使う機会は少ないかもしれませんが、大事にしたいと思います。
実釣だけでなく、インテリアにも最高ですね!!

スコーピオン アンタレスとは

1997年にスコーピオン メタニウムXTが発売されて1年。
本当に1年の差なのかというほどの見た目。
(スコーピオン メタニウムXTは1992年発売のバンタム スコーピオン メタニウムXTのマイナーチェンジなので仕方ないか。)

当時はバスブーム真っ只中。そしてコロコロコミックが時の少年たちを支配していました。
グランダー武蔵が連載されていたころ、ミーハーな私はとりあえず釣竿を手にしていました。

少年の私にはとても手が届く代物ではなく、存在すら知りませんでしたが、時代を映す鏡の如く思え、何故か懐かしくも思えます。

製品名 SHIMANO スコーピオン アンタレス
巻き取り長 72cm
ギヤ比 6.2
自重 245g
最大ドラグ力 4.5kg
ベアリング数 10
巻糸量 ナイロン:12lb 100m、14lb 90m、16lb 80m、20lb 60m
その他の特徴 大口径(37mm)マグネシウム製Gフリースプール
定価 42,500円

外観

輝きが凄すぎて、部屋が映りすぎてしまうので、写真が撮りづらい...。
2018-11-03-001.JPG

2018-11-03-003.JPG

2018-11-03-002.JPG

2018-11-03-004.JPG

2018-11-03-005.JPG

メインスターの輝きを見ていると、観賞用と実釣用が必要な気がしてきました...。
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。