2020年7月アーカイブ

ご近所シーバス 2020年7月第4週

中々梅雨が明けませんね。
雨ばかりなので、雨雲レーダーを見て、行けそうなときを狙って釣行しています。

行ってみるとゴミが多いので、思うように釣りができるわけではありませんが、ルアーを通せば反応してくれます。
2020-07-24-001.JPG

キビレくんが。
狙いは君ではないのだけど、釣れれば何でもうれしい。
釣れた場所が思ったより上の方だったので、結構な数が入ってきているのではないのでしょうか。

肝心のシーバスはというと、居るのですが、苦手なサイズでバラシてばかり。
この日も2匹ほどかけたのですが、多分40cm以下でかかりが浅く、ジャンプされて逃げられてしまいます。

数を伸ばそうと思うと、こういうのを丁寧に拾わないといけませんね。
少し雑な性格が災いしているようです。

■タックル
ロッド:メガバス nada. ND762MC
リール:SHIMANO 16メタニウムMGL ライト
ライン:クレハ シーガー PEX8 LURE EDITION 1.2号
リーダー:SUNLINE SYSTEM SHOCK LEADER NYLON 16lb
ルアー:semedokijig メタルバイブレーション 14g レッドヘッド

イカメタル釣行1 in 丹後半島沖

昨夜、人生初の船釣りに行ってきました。
そしてイカ釣りも初めてです。

最近船釣りに嵌っている会社の上司に誘われて、イカメタルに舞鶴まで行ってきました。
正直、船酔いするタイプかは分かっていないので、最大の心配はそれでした。
今回はスーパーコーリンさんの船に乗りました。

念のために酔い止め薬を飲んで、17時半に港を出船。
ポイントまでは船で1時間半と結構かかりました。

潮の流れが速いということで、まずはオモリグにて探ってみます。
ただ、イカメタル竿を持っていなかったので、メバルロッドでの釣行です。
釣りが成立するか少しドキドキしました。
船長の話ではヒットするのはボトムということで、ボトムから5~10m上ぐらいまで探るようにしてみました。

始めると早速、上司が釣りあげていました。
ボウズは避けたいということで、1杯でも釣りたいところ。
ボトム付近を探ったら、若干の違和感を感じたので、合わせてみたところ、ヒット!!
一定速度で巻いてきて、何とかキャッチ、記念すべき1匹目でした。
(そして肝心の写真は撮り忘れのため、参考までにアクションカメラのキャプチャ貼っておきます。)
2020-07-18-001.jpg

結果としては、私は9杯(内1杯は釣りあげたあとに逃げられ...。)で、上司は25杯釣っていました。
結局メタルスッテは使わなかったのですが、オモリグは初心者でもそれなりに楽しめる釣りのようです。
エギのカラーが数を伸ばす重要なファクターに感じられました。

群れの数が入ったときには、カラーによらず、みんな釣れる感じで、厳しい時間帯は特定カラーに反応しているようです。
(初心者が周りを見ながら感じた所感なので、大して信頼のある情報でもありませんが...。)

ひたすらメバル竿で釣りをしていましたが、非常に疲れました。
やはりちゃんと行くとなると専用竿が欲しくなりますね~。

■タックル
ロッド:メジャークラフト ザルツ ZAT-T732M
リール:DAIWA 15フリームス 2506H
ライン:SUNLINE スーパーブレイド5 0.6号
リーダー:Gamakatsu イカメタルリーダー オモリグ
ルアー:CROSS FACTOR IKA EGI RX 2.5号 + YAMASHITA シャクリシンカーII 25号

ご近所シーバス 2020年7月第3週

今週は仕事の振休を取得したので、平日に釣行しました。
気分転換にいつもより気持ち上流を攻めてから、下流に向かうことにしました。

個人的には実績のなかった場所ですが、メタルバイブをふわふわと巻いていると、水面下からシーバスが現れてバイト。
フッキングできなかったのと、そのまま水面から飛び出てエラ洗いされたため、バラシ...。
物凄く悔しいのですが、こういう時はどうすべきだったのでしょうか?
ルアーを送り込むのがよいのか、フッキングして直ぐに緩めて泳がせるのがよいのか、巻いてテンションを掛けるのか...。

悔しい思いをしながら続行しますが、それからは全く反応のない時間が続きます。
水の色も好みの感じで、釣れそうな気しかしないのですが。

中々に厳しいなと思い、ランガンしていくと、ベイトが泳ぐ場所を発見。
さらには何かに追われているように見えます。
時折、水面がボイルしているではありませんか。

大チャンスと思い、メタルバイブを投げますが、無反応。
やはり、そこにいるライブベイトとは違うということでしょう。
ワームに切り替えてキャストすると、ヒット!!

慎重にと思っても元気いっぱいのシーバスにジャンプされて、意図も容易くバラシ。

それでもチャンスタイムは続いていたため、ボイルしている場所を通すように投げ込むとヒット!!
より慎重にやりとりして、何とかキャッチ!!
2020-07-16-002.JPG

ベイトが少しずつ移動していたので、それを追いかけながら、ルアーを投げ込みます。
アタリはあるのですが、中々深く食ってはくれません。

それでも、恐らくうまいこと魚の前を通せたときには、深いバイトが得られました。
取り込み時にエラ洗いされて、痛恨のバラシ。
他にももう1匹足下でかかりましたが、こちらも軽くファイトは楽しめたものの、バラシ。

何ともヘタクソすぎて悲しくなってきますが、魚とのファイトはある程度楽しめたので満足です。
全部オートリリースしたことにして自尊心を保つことにしましょう。

細かな技術力がないために数が延ばせない、そんな自分に悔しさを感じました。
中流域でいつも釣りをしていますが、こんなチャンスは1年に1回あるかないかです。
何とかバラシを減らしたいものです。

■タックル
ロッド:メガバス nada. ND762MC
リール:SHIMANO 16メタニウムMGL ライト
ライン:クレハ シーガー PEX8 LURE EDITION 1.2号
リーダー:SUNLINE SYSTEM SHOCK LEADER NYLON 16lb
ルアー:COREMAN アルカリ マイワシ + OWNER カルティバ 静ヘッド 10g
こういう場所、好きです。

ご近所シーバス 2020年7月第2週

今週は釣りに行けるタイミングが微妙な時間帯でした。
個人的には水位が低い時間帯は苦手というか魚の気配がなくて、釣れないんじゃないと思っています。
奇しくも、その時間帯しか行けなかったので行ってみました。
(釣れない条件を探ることも重要ですからね!!)

結局のところ、全く魚の気配なし。
ただ、雨の影響か、ちょいちょいと沈んでいるものの位置が変わっていることが分かりました。

来週は釣れますように。

ご近所シーバス 2020年7月第1週

梅雨で降水確率が微妙な数字で出てくる中、雨雲レーダーをみて、ギリギリで釣行するか判断しています。
週末は釣りに行けるか分かりませんでしたが、恐らくチャンスだろうと日曜夕方にかけることにしました。
天気的には何とか持ってくれていたので、つい先ほどまで釣行してきました。

当然ゴミが流れているので、タイミングによっては釣りになりません。
釣り場に到着すると、少し好みな水の色。

雨といえば、あの場所と思って釣りをしていました。
やることはいつもと変わらず、メタルバイブで探ります。

橋脚際に落としてリトリーブすると、ブルブルっとヒット!!
引きを楽しみながら、難なくキャッチ。
2020-07-05-002.JPG

小さいけど良く引きました。

何となく新しく入ってきた魚っぽかったので、同じ場所を狙うと、連発。
先ほどのよりサイズがよさそうな引きでしたが、こちらもゴミをよけながらキャッチ。
2020-07-05-005.JPG

うーん、少しだけサイズアップ?

最近の仕事のストレスと梅雨のストレスを晴らそうと、もう1回同じ場所を通しましたが、無反応。
よりタイトに橋脚際を狙ってフォールさせるとヒット!!

でもかかった場所がダメでした。
橋脚に擦られてラインブレイク...。

またやってしまったと思い、自戒の念を込めて、ストップフィッシングとしました。

■タックル
ロッド:メガバス nada. ND762MC
リール:SHIMANO 16メタニウムMGL ライト
ライン:クレハ シーガー PEX8 LURE EDITION 1.2号
リーダー:SUNLINE SYSTEM SHOCK LEADER NYLON 16lb
ルアー:semedokijig メタルバイブレーション 14g ゼブラグロー
そう、私は日陰者。
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。
月別アーカイブ