パックロッドの最近のブログ記事を表示しています。
過去のブログ記事については下部のリンクより参照ください。
最近あまり記事を書いていなかったので、冬の釣りに行かない間に書こうと思います。
私が持っているパックロッドの中で、最もコンパクトなトラギアNANOです。
がっつり釣りをするというより、出先で軽く遊べるロッドでお気に入りです。

トラギア NANOとは

アルファタックル社製のパックロッドです。
トラギア NANOは結構古いロッドで、後継はトラギア CHIBIとかトラギア TIPTOPとかになると思います。

トラギアのブランドサイトができていて、力を入れているみたいですね!!
https://www.trgr.co.jp/

製品名 アルファタックル トラギア NANO A-629ML
継数 9
全長 1.88m
仕舞 約32cm
対応ルアーウェイト 3 - 10g
テーパーデザイン 不明
その他の特徴 富士工業製ガイド
定価 調査中

外観

とってもコンパクトな外観です。
2022-01-16-002.JPG

リールを付けるとこんな感じ、とても小さいです。
2022-01-16-001.JPG

良い点

(1)とってもコンパクト
このロッドに興味を持つのは見た目どおり、コンパクトだからでしょう。
軽くカバンに入れたり、クーラーボックスに入れたり、何処にでも収まります。
ライトゲーム用のジグヘッドとワームを持っていれば、アジングやライトロックフィッシュで楽しめます。

付属の袋はリールを付けたまま仕舞えるタイプで、この点もよく考えられています。

悪い点

お手軽ロッドなので、本格的なものと比べたら粗さもあります。
でも、そんなの気にしないようなロッドかなと思います。

その他

(1)適したルアー
スピニングなので投げれなくはないですが、1g以下は少し快適さが下がります。
2g程度のルアーが扱いやすいかなと思ったりします。
ジグヘッドとかがいいかなと思います。

(2)重量
自重は85gと軽量です。お子さんが使っても楽しめるロッドだと思います。
軽い分カバンに入れても気になりません!!

(3)長さ
1.88mと短めです。その分お子さんや女性でも扱いやすいと思います。

(4)テーパーデザイン
7:3調子なので、レギュラーテーパーって感じですかね。

(5)ガイド
富士工業社製のガイドが使われています。
特に錆の発生はなく、いい感じかなと思っています。

総評

パックロッドなので、使用感よりは持ち運びがどれくらいいいかが重視されるかなと思います。
旅行先とかでお手軽に釣りをする目的では本当にいいロッドだと思います!!

昨年にふるさと納税で手に入れたパックロッドです。
私の持っているパックロッドの中では最も高級なものになります。

まだ未使用なので、早速春から試しに使ってみようと思っています。
釣り復帰まであと1週間ぐらい、とても楽しみですね!!

コンパットとは

オリムピック社製のコンパクトロッドです。
定価3万円台後半ぐらいの価格帯というパックロッドとしては比較的高価です。
国際線機内持ち込みサイズの55cm以下の仕舞寸法、何処にでも持ち運べる便利なロッドです。

製品名 OLYMPIC グラファイトリーダー コンパット GCMC-705M
継数 5
全長 7.0ft
仕舞 約49.5cm
対応ルアーウェイト Max 30g
テーパーデザイン レギュラー
その他の特徴 チタンフレームSiCリングガイド
KWガイド+Kガイド
定価 37,000円

外観

黒と青のハードケースが付属しています。
2021-02-21-001.JPG

ロッドベルトやティップカバーが付属しています。
グリップ部分とバット部分が分離しているタイプのロッドです。
2021-02-21-002.JPG

2021-02-21-003.JPG

2021-02-21-004.JPG

最近はちまちまとパックロッドを集めていますが、使う機会が少なくレビューには至っていません。
とりあえずスペックの確認と自分の備忘のために記事化しておきます。

今回は非常に検索性の悪いPROXのマイクロバスについてです。
マイクロバスで検索すると、あのマイクロバスばかりがヒットします。

使ったらレビューに切り替えていきたいと思います。
(昨年のふるさと納税で手に入れたパックロッドも記事化しないとな~。)

マイクロバスTEとは

「釣りをもっとお手軽に...」のスローガンでお馴染みのFEEL THE POWER OF PROX社製のバスロッドです。
TEというのはThird Editonというのを示しています。(所謂三代目)
立派なハードケースついており、36cmという仕舞寸法という中々のスペックです。

製品名 PROX マイクロバスTE MBT60MLTC
継数 7
全長 6.0ft
仕舞 約36cm
対応ルアーウェイト 3.5g - 14g
テーパーデザイン 不明
その他の特徴 富士工業社製ガイド
定価 7,000円

外観

付属のケースは赤色で非常にしっかりしています。
2021-02-07-001.JPG

ロッドは黒色ベースに赤の装飾が入っている感じで、派手さはありません。
2021-02-07-003.JPG

バットガイドはテレスコ用ではなく、通常のガイドがセットされています。
2021-02-07-002.JPG

1年ぐらい前からパックロッドに嵌っています。
遠征に使おうと思いつつ、特性を理解するために、また、気分転換として遠征でなくとも使っています。
元々はバスロッドですが、このレビューではシーバス釣りで使った感想を述べます。

ゴーエモーションとは

メジャークラフト社製のバスロッドで、後継機種はベンケイです。
廉価なモデルですが、これより廉価なモデルにはバスパラがあります。
(ロッドの雰囲気からソルトロッドでいうクロステージみたいな位置づけだと思います。)

製品名 メジャークラフト ゴーエモーション GEC-664M
継数 4
全長 6.6ft
仕舞 約54cm(計測値)
対応ルアーウェイト 1/4oz - 3/4oz
テーパーデザイン レギュラーファースト
その他の特徴 Kフレームガイド
定価 13,000円

外観

ガンメタっぽい塗装のブランクスですが、全体的には派手さのない黒色です。
2019-09-14-002.JPG

良い点

(1)普通に実用できる低価格ロッド
マルチピースロッドなので、やや重量がある点を除いては普通に使えます。
パックロッドではありますが、バットもしっかりしていて特に不安なく使えます。
(シーバスロッドとして使うことを思えば、ティップがやや硬いのですが、我慢できる範囲です。)

定価も安く、中古でも6,000円ぐらいなので、おもちゃとしても最高です。

悪い点

(1)Kガイドのわりに絡む
使っていて思ったのですが、メインで使っているロッドと比べると糸がらみが発生します。
ガイド数は8個と普通かなと思いましたが、糸がらみを抑止するにはもう少しガイドがあった方がいい気がします。
というのも、ガイド絡みでラインブレイクし、魚をばらしてしまったので...。
(完全に腕が悪いのですが、やはり腕が悪い分は道具で補いたいところ。)

その他

(1)適したルアー
完全にシーバス用で使っているので、変なレビューですが、14gのメタルバイブを巻くのにはよいです。
あと7gのジグヘッドも普通に投げれますので、対応するルアーウェイトはスペック通りという感じだと思います。

(2)長さ
長さは6.6フィートです。
パックロッドは長いと重くなるし、仕舞寸法も長くなりやすいので、ベストな長さだと思います。
仕舞寸法が54cmほどなので、持ち運びにも便利です。

(3)テーパーデザイン
レギュラーファーストテーパーです。

(4)ガイド
Kフレームガイドです。

総評

バスロッドなので、シーバス用途ではベストな選択ではありませんが、普通に使えます。
ということで、やはり出番があるとしたら、遠征の時だと思います。

最近、パックロッドにハマっています。

今回紹介するロッド自体は大分前に購入したのですが、活躍の場を見出せずにいました。
ベイトタックルでのシーバスゲームを自分のホーム以外でもいつかやってみたい。
そう思い、持っていたパックロッドをシーバスゲームに使ってみることにしました。

元々バスロッドですが、今回はシーバス釣りに使った感想について書きます。

スティックマスターとは

大藤つり具がPRO:TRUSTブランドで販売するロッドです。
PRO:TRUST自体はとても安価なブランドです。
このパックロッドは大体5,000円ぐらいで販売されておりました。

C60というベイトモデルの他に、S60というスピニングモデルがあります。
折れると評判ですが、今のところは問題なしです。

製品名 PRO:TRUST スティックマスター C60
継数 6
全長 6.0ft
仕舞 38.5cm
自重 122g
対応ルアーウェイト 3g - 14g
テーパーデザイン 不明
その他の特徴 富士工業社製ガイド
定価 オープン

外観

コルクグリップが特徴的です。
仕舞寸法38.5cmということで、非常にコンパクトです。
2019-08-13-001.JPG

もう少しグリップエンドが長い方が好みのため、私のロッドはグリップエンドを延長しています。
2019-08-13-005.JPG

2019-08-17-002.JPG

良い点

(1)抜群の仕舞寸法
このロッドの最大の強みは抜群の仕舞寸法です。
それでもって4,000円~5,000円と非常に安価です。
ベイトのパックロッドは今でこそ種類も増えてきましたが、テレスコピック型って珍しいですよね。

悪い点

(1)ガイド数が少なく、曲がりが少し変?
ガイドが6個しかなく、ティップ部の曲がりに少し違和感があるように感じます。
この部分に負荷がかかりやすく、折れるという報告が多くなっているのではと感じます。
竿全体をしならせるということを意識して、取り扱うのがよいと思います。

その他

(1)適したルアー
14gのメタルバイブを投げていますが、この辺りが上限だと思います。
10.5gのミノー等は投げやすかったです。
竿のスペック通りかなという印象です。

(2)重量
重量は122gですが、使っていて重いとは感じません。

(3)長さ
6.0ftと短めですが、長くなるとパックロッドは重くなりがちなので、よい設計だと思います。
グリップエンドが短めなので、人によっては不満かなと思います。

(4)テーパーデザイン
テーパーは不明です。
曲げた感じはレギュラーという印象です。
パワー表記はありませんが、MLぐらいだと思います。

(5)ガイド
なんと富士工業製のガイドが使われております。
特に錆びたりすることもなく、いい感じです。

総評

シーバスで使っていますが、ドラグを適切に使えば、全然使えます。
といってもアベレージ40cmぐらいの場所で釣りをしているので、大きいサイズが来たら止められないでしょう。

パックロッドの過去のブログ記事

プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。