PRO MARINE KAISER SPIN KAB-4000 レビュー

ライトショアジギングでソルパラ SPS-962LSJと組み合わせて使っています。
シマノ、ダイワといった主要ブランドの製品ではありませんが、巻き心地はよいです。
さらには握りやすいラウンドノブがついており、ライトショアジギングに使いやすいです。

KAISER SPINとは

浜田商会がプロマリンで販売するスピニングリールです。
プロマリンでは珍しく、4ボールベアリングのモデルで、ある意味ハイエンドモデルといえるでしょう!!

アルミのラウンドノブが搭載されており、ライトショアジギングに使いやすいです。

製品名 PRO MARINE KAISER SPIN KAB-4000
巻き取り長 -cm
ギヤ比 5.2
自重 303g
最大ドラグ力 -kg
ベアリング数 4
巻糸量 ナイロン:4号 150m、5号 100m
その他の特徴 なし
定価 オープン

外観

ガンメタ調の色合いで、ゴールドのラウンドノブが搭載されているのが特徴的です。
2019-07-27-002.JPG

良い点

(1)巻きが軽い
価格の割に本当にしっかりしています。
巻きも軽快でまったくもって不快感がありません。

(2)アルミラウンドノブ搭載!!
シマノやダイワといったメジャーブランドの製品でラウンドノブを搭載しているものは非常高価です。
ハンドルノブを交換する手もありますが、交換できる機種も中級機より上位機種と、必然的に効果になります。
それに対して、カイザースピンでは3,500円程度で手に入りますから、コスパがよいです。

悪い点

(1)若干のチューニングが必要
非常に良いリールですが、使いやすくするためにはチューニングが必要な部分があります。
それは別の記事で記載していますので、そちらをご覧ください。
プロマリン KAISER SPIN KAB-4000 チューニング

(2)ローターブレーキがない
この価格帯ではほとんどのリールが搭載していませんが、ローターブレーキがないので、キャスティング時には気を付ける必要があります。

その他

(1)PEラインのキャパシティ
シャロースプールではないので、下巻きが必要になります。
例えば、ライトショアジギングで使うような1.5号のPEラインを200mを巻く場合には、半分ぐらい下巻きが必要です。

(2)耐久性
そこまで高くはないと思います。
ハンドルノブを固定する部分は使っているうちに干渉するようになったりと、クリアランス調整が必要になります。

(3)ドラグ性能
実用上、特に不満はありません。
といっても大型の青物をキャッチしたことがないので、分からないのですがね...。(笑)

(4)防水性能
特に防水機能は有していないので、潮を被るような釣りには向いていないと思います。
しっかりとメンテナンスしないと、錆びたりすると思います。

(5)重量
樹脂ボディなので、重いといったことはありません。
ライトショアジギング用途でしたら、特に不満はないと思います。

総評

プロマリンで唯一ライトショアジギングに使えるリールだと思います。
巻き感も十分、アルミラウンドノブ搭載ということで、ライトショアジギング初めての1台にはお勧めです。

プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。