2015年8月アーカイブ
最近は休日出勤が多く、釣りに行きたくても中々行けません。
久々に行くチャンスがあったので、天気が悪い中行ってまいりました。

前評判ではあまり釣れていない様子。天気も悪いせいか、人はあまりいませんでした。

途中、雨や風で、ほとんど釣りにならず...。ヒロセマンDVDを参考に横風にならないようにジグをキャストしていました。
1回だけ期待の持てそうなアタリはあったものの、巻いている途中で外れたため、正体はわかりませんでした。

ジグサビキのジグとサビキ両方ともイワシが食ってきたので、ベイトはいたようですが...。
2015-08-30-001.JPG

一応、イワシが釣れたので、ボウズじゃないということで...。

DAIWA 11フリームス 2506H レビュー

主にクロスフィールド XRFS-862Mと組み合わせて、小型のメタルジグやプラグで使っています。
後継機の15フリームスが出ていていますが、そちらはメタルボディの重量モデル。
11フリームスはザイオンボディの軽量モデルですが、色々と思うことを述べたいと思います。

11フリームスとは

グローブライド社がダイワブランドで製造するエントリークラスのリールです。
前世代はフリームスKIXですが、290g ⇒ 245gと大幅な軽量化が売りでしょうか?

下位機種が12レガリス、上位機種が11カルディアです。
同価格帯のライバル機種はシマノの12アルテグラという感じでしょうか。

製品名 DAIWA 11フリームス 2506H
巻き取り長 88cm
ギヤ比 6.0
自重 245g
最大ドラグ力 3kg
ベアリング数 4
巻糸量 ナイロン:4lb 170m、6lb 100m
PE:0.6号 180m、0.8号 140m
その他の特徴 エアローター
ZAIONボディ
UTD(アルティメットトーナメントドラグ)
デジギヤⅡ
ABSⅡ
オイルシール
定価 16,300円

外観

T字ノブが苦手なので、ハンドルノブは社外品のラウンドノブに変更しています。
2015-01-05-002.jpg

良い点

(1)軽量モデル
前のモデルから45g軽量化されている点は評価できます。
悪い点で記述しますが、もう少しバランスが良ければなぁ~と思いますが。

(2)ハンドルノブ交換可能
デフォルトのT字ノブは個人的には微妙ですが、ハンドルノブは交換可能なので、好みのものに変えられます!!
この点のカスタマイズ性が下位モデルと差をつけている部分です。

悪い点

(1)重心バランスが悪い
ZAIONボディは確かに軽量でよいです。ただスプールが物凄く重たい...。
ギヤ比が6.0というのもあるかもしれませんが、スプールを上下に動かさないといけないので、巻き重りを感じます。

(2)耐久性は微妙?
若干の個体差があるのかもしれませんが、ローターのブレが使っている内に大きくなっているように感じます。

[2018/12/29追記]
後で購入した16EM MSではそんなことはないので、やはり作りの問題で耐久性が劣っているのでは?と感じます。

その他

(1)PEラインのキャパシティ
0.8号のPEラインを140m巻けるスペックですが、本当にそんなに巻けるのかなという感想です。
この感覚はあっていたのか、後継機の2506番は0.8号 130m巻きになっていますね。

(2)耐久性
耐久性は低いと評価します。
ボディはかっちりしてますが、ローターがブレるようになってきており、リトリーブ時に不快感がでるようになりました。

(3)ドラグ性能
特に不満なしです。

(4)重量
良い点、悪い点で挙げたとおりですが、まとめると次の評価です。
スペック上は軽量だが、重心バランスが悪く総合的にはスペックほどではない印象。

総評

超安物を多く使っている自分からしては、やや高いリールでしたが、正直期待外れだったというのが感想です。
何事にもバランスは重要ということです。

先週に引き続いて武庫川一文字にいってきました。
釣果では青物の気配は...って感じでしたが、ベイトはたくさんいたので、
そろそろ行けるのではと思い調査してきました。

流石にボウズは避けたかったので、最初からジグサビキモード。

フォール中に糸が出ていかないので、とりあえずあわせてみると、小サバでした。
2015-08-15-001.JPG
サビキの方でしたが、幸先の良いスタート。

またしゃくっていると、ぶるぶるとした感触が。今度は豆アジでした。
2015-08-15-002.JPG

ジグサビキすごいなと思っていると、さっきより強い引きが!!
2015-08-15-003.JPG

23cmのサバでした。基本的にはサビキ部分にかかる感じで、ジグには1回だけあたりがありました。
(途中ではずれてしまいましたが、多分サバだったと思います。)

小サバがちょいちょい遊んでくれたので、そこそこ楽しめました!!

■タックル
ロッド:メジャークラフト ザルツ ZAT-982LSJ-EX(元ZAT-962LSJ)
リール:DAIWA 14エクセラー 3012H
ライン:Rapala ラピノヴァX マルチゲーム 1.5号
リーダー:SUNLINE SYSTEM SHOCK LEADER NYLON 25lb
ルアー:メジャークラフト ジグパラ 30g ゼブラピンク + Hayabusa ジギングサビキ キャスティングタイプ 小型回遊魚 Mサイズ
ライトショアジギングで愛用しているDAIWA 14エクセラー 3012Hですが、ハンドルノブを交換することにしました。
理由としては、ラージT型ノブは持ちにくいのと、ラウンドノブの方がジギング用っぽくてかっこいいからです。

14エクセラーのハンドルはかしめてあるため、ハンドルノブを交換できません。
代わりに15フリームスのハンドルを調達しました。ハンドルノブはRCSパワーライトノブLを選びました。
必要なベアリングはDDL-740ZZ(内径4mm×外径7mm×幅2.5mm)です。
2015-08-12-001.JPG

15フリームスのハンドルに2BB追加し、パッキンも追加しました。
ラインローラーに1BB追加しているため、合計7BBとパワーアップしました!!
2015-08-12-002.JPG

かっこよくなって大満足です。ただ、本体とパーツ合わせて2万近くになったので、
15フリームス3012H + ハンドルノブ交換 or 15ヴァデル3500Hを買っておけばよかったような気もします。

14エクセラー向けのBB追加キットは以下を使うと簡単でおすすめです!
ダイワ 14エクセラー MAX5BB フルベアリングチューニングキット 【HRCB防錆ベアリング】
今日も行ってまいりました。釣れていると情報は特にないので、ボウズ覚悟の調査目的。
結論からいえば、ベイトはいるものの、釣れませんでした...。

ナブラが発生したので、ジグを通すとエイががっちり食べに来る始末。
手前まで寄せられたものの、とても上げられるサイズではなかったため、ラインを切りました...。
(写真とればよかったのですが、寄せるのに精一杯でした。)

タコ釣りの方が多く、そちらは釣果が出ている感じでした。
2015-08-08-002.JPG

タコ釣り師にチェンジしよっかな。
調子に乗って今週も行ってまいりました。前日の釣果は厳しいという中でしたが、予定どおり(?)、ボウズでした...。
先週はあんなに釣れたのに、今週は周りも全く釣れていません。

そんな中で、隣で釣りをされていた方はサゴシをあげていました。厳しい中でも結果を残せるのは巧いなぁと思いました。

家でジグの塩抜きをしながら、どういう風にすれば釣れたのだろうかと考えていました。
2015-08-02-001.JPG

釣れるときもあれば、釣れないときもあるからこそ面白いんだと思います。
(たまにはボウズの日記も)
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。