ライトショアジギングタックル紹介

ライトショアジギングを始めて3年目、そろそろ初心者は脱出したと思っています。
そんな私が使っているタックルを紹介します。

ライトショアジギングを始めたきっかけは、海釣りを始めて数カ月経過したときに、
ルアー釣りもしてみたいと思って調べていて、ヒロセマンのYoutubeを見たからです。

手軽で楽しいと紹介されていて、美味しい魚が釣れるならと興味を持ちました!!

まんまと騙されて(?)エソばっかり釣っていますが、お陰様でメジャクラ信者、メジャクラ押しですが、悪しからず。

ロッド/リール

ロッド:メジャークラフト ザルツ ZAT-962LSJ(グリップ延長加工済)
リール:DAIWA 14エクセラー 3012H
2016-08-09-002.JPG

2016-08-09-001.JPG

他の記事の中で、ZAT-982LSJ-EXと中二病的名前を付けているアレです。
グリップエンドを約2インチ程延長して使っています。
加工の際にカーボンパイプを埋め込んでいるため、若干重くなったのですが、
重心が後ろになったのもあって、逆に使いやすくなりました。

元々はソルパラを使っていたのですが、少し上位モデルにも興味を持って、ザルツを購入しました。
ザルツ以前のLSJモデルはグリップエンドが短いので、使用感を合わせたくて延長しました。

ソルパラも悪くないのですが、ザルツの方がよりシャープにジグを操作できているような気がします。

リールについてはメタルボディのエクセラーを使っています。
リールの番手はヒロセマンがダイワの3000番を使っているので、テストされていて、バランス的にも良いだろうと思っています。
ハンドルはデフォルトのT字ノブよりラウンドノブの方が使いやすいので、交換しています。
ハンドルノブ交換についてはこちら ⇒ 14エクセラー3012H ハンドル交換、7BB化

ライン

ライン:DUEL ハードコア X4 1.2号
リーダー:SUNLINE SYSTEM SHOCK LEADER NYLON 25lb
2016-08-09-003.JPG

元々はラピノヴァの1.5号を使っていました。
飛距離を稼ぐため、ラインを細くしようと思っていたときに、HARDCORE X4が安売りしていたので銘柄を変えました。
結束についてはFGノットで結束しています。
初めのころはよくわかっていなくて、16lbぐらいのリーダーを使っていました。
その時はキャスト切れもあったので、40gのジグを使うのなら、25lbぐらいないとダメなんだなと思っています。

ルアー

ルアー:ダイソー ジグベイト、メジャークラフト ジグパラ
2016-08-09-004.JPG

重さは30gをベースに、潮の流れが速い時や風が強い時は40gを使っています。
カラーはブルー、ピンクを中心に使っています。(ジグベイトがそれしかないので。)
基本的にはボトムを取らないと釣れないことが多いので、ロストを恐れずに攻めれる安いジグが好きです。
最近ではアシストフックを伊勢尼13号をベースに自作しています。

釣行を重ねて、より最適なバランスを目指していきたいと思います!!
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。