ダイソー メタルバイブ レビュー

ついにダイソーからメタルバイブが発売されました。
ダイソーからはジグベイト、ミノーモンスター、バイブレーション、ポッパー等、色々なルアーが販売されております。

その中でも特に私はジグベイトを高く評価しております。
ルアーというのはロストしたりする消耗品ですので、安価に手に入るというのは非常に喜ばしいことです。

パッケージにはブラックバスとも書かれておりますが、私はシーバスをメインにしております。
1匹でも釣ってから記事にしたいと思っていましたが、テストで泳ぎを確認したところ、普通に釣れそうな動き!!
早めに記事化して情報共有させて頂くこととしました。

このルアーで釣れましたら、また実績として情報を追記する予定です。

ラインナップ

重さは7g、10g、14gとシーバス釣り目線で見ると軽量なラインナップです。
カラーはシルバー一択ですが、個人的にはよい色だと思います。
2020-05-09-002.JPG

2020-05-09-003.JPG

気になる実際の重量を計測してみました。
フック等を付けている状態ですが、恐らくほぼ表記通りの重量になっています。
(上から順に7g、10g、14gです。)
2020-05-09-006.JPG

2020-05-09-005.JPG

2020-05-09-004.JPG

標準で少し大きめのスナップがついており、フックはダブルフック仕様です。
トレブルフック仕様よりはコストダウンが図れるのでしょうか?
確かにスプリットリングがいらないので、1個当たりの製造は早くできそうなのと、部品点数も減りそうです。
もしくはブラックバス系のメタルバイブを参考に作成されているのでしょうか?

いずれにしても、ボトムに着いたときに下向きにフックが出ていないので、根がかりしにくい仕様だと思います。

触っていて気が付きましたが、重量の割にはサイズ感は大きいです。
パッケージを見ると亜鉛合金素材とあり、比重が軽い素材を使っているようです。
(多くのメタルバイブはステンレスプレート+鉛ではないでしょうか?)

素人採寸ですが、全長については7gが54mm、10gが61mm、14gが68mmという感じです。
私は都市型河川のシーバスゲームでは14gを愛用しておりますが、サイズ感からは10gをメインで使うことになりそうです。

性能

(1)飛距離
投げてみましたが、メタルバイブなので当然飛びます。
先に述べた通り比重の軽い素材なので、鉛素材のものには劣るはずですが、投げたところそこまで気になりませんでした。

プラグと違って空気抵抗も小さいですから、10gの方も十分飛びます。

(2)泳ぎ
こういうのも変かもしれませんが、ちゃんと泳ぎました。(笑)

泳ぎに影響するアイは3つあります。
フロントアイは若干水咬みが弱めでファストリトリーブ向きです。
遠投して広く探るのに向いていると思います。
巻いてた時の抵抗感はCOREMAN IP-13 アイアンプレートに近い感じのモードです。

センターアイはしっかりと水を咬んでくれる泳ぎになります。
個人的にはゆっくり巻くことが多いので、好みの泳ぎです。
巻いてきた時の抵抗感はnada. スパローに近い感じのモードになります。

リアアイは物凄く水を咬みますが、ルアーが縦泳ぎみたいになり、姿勢が不自然です。
人の目線で不自然と感じただけなので、魚にとっては分かりませんが...。
泳ぎを見ていると釣れるか自身がないので、恐らく私はリアアイは使わないと思います。

[2020/6/1追記]
色々と巻き倒した結果、フロントアイが最もよいと思いました。
というのも本体自体が軽いので、フロントアイでもしっかりと泳いでいる印象です。
逆にセンターアイは流れが出ると、少し抵抗が大きすぎるように感じます。
という訳で、個人的にはフロントアイを多用することになるでしょう。

(3)耐久性
これから使い込んで評価します。

おすすめの使い方

[2020/6/1追記]
(1)フロントアイでのミディアムリトリーブ
実際に釣った感想からすると、フロントアイでただ単純に巻くだけで十分です。
ただ、一般的なメタルバイブより比重が軽くサイズ感が大きくなるため、サイズ選びが重要だと感じました。

フック含めてそのまま使いましたが、正直言って普通に使えます!!
2020-06-01-001.JPG

ご参考までに釣れた時の動画です。
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。