都市型河川シーバスタックル紹介(2016年版)

今年から始めた都市型河川(神崎川)でのシーバスゲーム。
何度か通い、何匹か釣った結果、現時点でのタックルを紹介します。

ロッド/リール

ロッド:Abu Garcia クロスフィールド XRFC-702M
リール:Abu Garcia プロマックス(PMAX2)
2016-06-05-003.JPG

神崎川は川幅もそれなりにはあるので、飛距離の出るスピニングでもよいかもしれませんが、
私の基本戦略は橋脚などのストラクチャー狙い。飛距離もそんなにいらないので、ベイトタックルを使用しています。
後はなんとなくベイトタックルで投げている方が楽だし、投げてて楽しい。

ロッドのパワーは十分なのですが、ショートバイトを乗せられないことも多く、
もっと柔らかいロッドの方がいいんじゃないのかなって思っています。

あとはもう少しだけ飛距離が欲しい。
橋の下を狙ってルアーを投げるものの、手前しか攻めれていない場所もありますので。

ライン

ライン:YAMATOYO ルアーマンⅡ 14lb

ラインはナイロンラインを使っています。PEラインやフロロカーボンラインも試しましたが、
投げるのが下手すぎてフィットしませんでした。

PEラインはキャスティングをミスってバックラッシュするとルアーが飛んでいくし、暗いとリーダー結ぶのが面倒。
フロロはブレーキセッティング強めにしないとバックラッシュしやすいし。(何とも上級者向きのラインだ...。)

ベイトタックル初心者でもナイロンなら投げやすいので、個人的にはお勧めです。

[2017/01/05追記]
ライン:Rapala ラピノヴァX マルチゲーム 1.5号

ナイロンお勧めと言いながら、感度を求めてPEラインに変更しました。
ラピノヴァの1.5号であれば、高切れなしにキャストすることができました。
飛距離はあまり変わった気はしませんでしたが、バックラッシュは減りました。

ルアー

ルアー:LUCKY CRAFT バリッド70LUCKY CRAFT ビーフリーズ78SDUEL ハードコア ヘビーシンキングミノー70
2016-06-05-004.JPG

ベイトタックルを使っているのもあり、適度に重さがあるほうが投げやすいので、10~15gのルアーを多く使っています。
シンキングペンシル等も投げるのですが、引き感がなくて、すぐに投げるのやめてしまいます。

バイブレーションはバリッド70がよいのですが、すぐ無くすので、代替製品探し中です。

タモ

2016-06-05-002.JPG

全長315cmのものを使っています。変遷もありがならこのセッティングに落ち着いています。
(この組み合わせもこれから検証なのですが...。)

最初は240cmのものを使っていたのですが、干潮時にはギリギリということもありました。
さらに大きい全長330cmのものを購入したのですが、流石に網の部分が60cmだと持ち運びが大変。
というわけで網の部分は45cmにしてみました。

まだまだ勉強中ですので、いろいろ試して改良していきたいと思います!!
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。