ご近所シーバス 2020年7月第3週

今週は仕事の振休を取得したので、平日に釣行しました。
気分転換にいつもより気持ち上流を攻めてから、下流に向かうことにしました。

個人的には実績のなかった場所ですが、メタルバイブをふわふわと巻いていると、水面下からシーバスが現れてバイト。
フッキングできなかったのと、そのまま水面から飛び出てエラ洗いされたため、バラシ...。
物凄く悔しいのですが、こういう時はどうすべきだったのでしょうか?
ルアーを送り込むのがよいのか、フッキングして直ぐに緩めて泳がせるのがよいのか、巻いてテンションを掛けるのか...。

悔しい思いをしながら続行しますが、それからは全く反応のない時間が続きます。
水の色も好みの感じで、釣れそうな気しかしないのですが。

中々に厳しいなと思い、ランガンしていくと、ベイトが泳ぐ場所を発見。
さらには何かに追われているように見えます。
時折、水面がボイルしているではありませんか。

大チャンスと思い、メタルバイブを投げますが、無反応。
やはり、そこにいるライブベイトとは違うということでしょう。
ワームに切り替えてキャストすると、ヒット!!

慎重にと思っても元気いっぱいのシーバスにジャンプされて、意図も容易くバラシ。

それでもチャンスタイムは続いていたため、ボイルしている場所を通すように投げ込むとヒット!!
より慎重にやりとりして、何とかキャッチ!!
2020-07-16-002.JPG

ベイトが少しずつ移動していたので、それを追いかけながら、ルアーを投げ込みます。
アタリはあるのですが、中々深く食ってはくれません。

それでも、恐らくうまいこと魚の前を通せたときには、深いバイトが得られました。
取り込み時にエラ洗いされて、痛恨のバラシ。
他にももう1匹足下でかかりましたが、こちらも軽くファイトは楽しめたものの、バラシ。

何ともヘタクソすぎて悲しくなってきますが、魚とのファイトはある程度楽しめたので満足です。
全部オートリリースしたことにして自尊心を保つことにしましょう。

細かな技術力がないために数が延ばせない、そんな自分に悔しさを感じました。
中流域でいつも釣りをしていますが、こんなチャンスは1年に1回あるかないかです。
何とかバラシを減らしたいものです。

■タックル
ロッド:メガバス nada. ND762MC
リール:SHIMANO 16メタニウムMGL ライト
ライン:クレハ シーガー PEX8 LURE EDITION 1.2号
リーダー:SUNLINE SYSTEM SHOCK LEADER NYLON 16lb
ルアー:COREMAN アルカリ マイワシ + OWNER カルティバ 静ヘッド 10g
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。