ご近所シーバス 2020年6月第4週

雨が降る前に挑んできました。

デイゲームはシェードを狙うか、ストラクチャーを狙うかが基本だと思っていますが、ある事実に気づきました。
妙に護岸沿いに流れてきた草が上がっていると思ったら、護岸沿いをガサガサとしている人がいるようです。
何となく昨年より難しく感じていたのですが、プレッシャーがかかる状況なのかもしれません。

実施されている方の目的はよくわかりませんし、本当に影響を及ぼしているのかは不明な状況です。
ましてや河川という公共の場所ですので、私にやめてくれという権利があるわけでもないです。
時間帯を工夫するか、釣り方を変えてみるか、工夫して釣果を伸ばすことが重要そうです。

こんなことを考えていると、沖堤防でのテクトロ禁止の議論を思い出しました。
東京の方ではそんなルールがあるみたいですが、おかしなルールだと思います。
釣りをしている他の人の目の前でそんなこと(テクトロ)をやり始めたら、マナー違反だと思いますが...。

といった議論もありますが、ここは私が適応することが求められているのでしょう。

いつもと異なって沖向きも丁寧に探るようにしました。
すると魚が足下までチェイスしてきたものの、軽くバイトして終了。

別の場所でも同じように沖向きから巻いてくると、足元で軽くアタって反転。
こちらも結局かからず。

最初に反応のあった場所に戻って探ると、リトリーブ中に何かがヒット。
コイっぽい感じでしたが、恐らく沈んでいる木にラインが絡まってラインブレイク。

色々と不完全燃焼な感じでストップフィッシングとなりました。
うーん、デイがダメならナイトかなぁ。
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。