ハンドルノブについて思うこと。

ダイワの2500番台(2506は除く)や3000番台のリールとか、シマノのC3000番以上のリールを買うと、
T型のハンドルノブがついてることが多いと思います。

個人的には非常に扱いづらい。形状が体に合わないのか持ちづらいし、指で挟むと若干痛くなってくる。
私の持っているリールからはT型ノブを積極的に排除しています。

例えば、ライトショアジギングで使っているリールにはRCS パワーライトノブ Lを使っています。
繊細な巻き心地よりは握りこんで、テンポよくしゃくっていくのに最適かなと。
2017-08-06-001.JPG

そんなに激しくしゃくらない、パワーはいらない釣りにはRCS I型コルクノブを。
2017-08-06-002.JPG

スーパーライトショアジギングは2500番台のリールを使うので、サイズに合わせてAvail EVAノブ
2017-08-06-003.JPG

とまあ、(使い心地はよくなるものの)交換しても釣果はたいして変わらないと思いますが、変にこだわっています。

ただ、シーバス用のリールにはこれだというものがなく。
I型コルクノブだとツルツルしているのもあって、いざという時にパワーがかけられなさそうなイメージ。
ラウンドノブだと個人的にはつまみにくく、結局握りこんでしまう感じになるので、繊細にリトリーブするのには向いていないような。

というわけで新しいものを買ってみました。
2017-08-06-004.JPG

RCS ハイグリップI型ライトノブです!!
17スティーズや17セオリーに採用されているようです。 どことなくシマノのベイトリールのハンドルノブに似ているような。
素材感もそんな感じで、確かにグリップ力はありそうです。

装着してみました。
2017-08-06-005.JPG

2017-08-06-006.JPG

2017-08-06-007.JPG

見た目はいい感じ!!
思ったよりノブのサイズが小さいので、力をかけたいときにどうなのかが気になりますね!!
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。