ライトショアジギング42 in 岸和田一文字

悲願のブリを目指して、今日も行ってきました。
前回の釣行でブリをヒットさせている人を目撃し、私もいつ釣れてもおかしくはない状況になりつつあります。

そんなわけで、今回は前回と同じく岸和田一文字、さらには旧一文字の方に渡りました。
旧一文字は沖一文字より人が少なく、潮の流れに応じて様々な方向に投げることができます。
また、ミオ筋が入っており、魚の付き場、通り道となることが期待できます。

1番船で渡り、まずはプラグでタチウオ狙い。特に反応はありませんでしたが、本命はブリなので問題なし。
内向きのミオ筋を40gのジグで攻めます。すると手前付近でいきなりヒット!!
2016-11-26-001.JPG

ひとまずはエソ。フィッシュイーターがいることは確認できたので、何らかのベイトがいると確信。
(近くではサビキでアジが釣れているようでした。)

内向きのチェックを終え、外向きをチェック。先端付近は潮がよく流れていていい感じでした。
何本か入っている潮目を目標にジグをキャスト。ハイピッチのジャークで誘うとイメージ通りにきました!!
しかしながら、最初の勢い、首振りとは対照的に、気がつけばゴミ袋が引っかかったみたいな感覚。
2016-11-26-002.JPG

案の定、またまたエソくんでした。
(その後、カラーチェンジ直後にさらにエソを1匹追加。)

先端付近のミオ筋あたりを探っていると、魚の反応がある場所を見つけました。
中々乗らないのですが、食わせの間を与えてやると、ヒット。でもこの感触は...。
2016-11-26-003.JPG

小型のエソでした。どおりでアタリが小さいわけです。

ハイピッチジャークではエソの反応がよかったので、ショアスロースタイルに切り替えます。
ジグパラスローをゆったりめにジャークし、フォールさせると、フォール中にヒット!!
2016-11-26-004.JPG

エソでした。

周りを見渡してみても、呑ませ釣りで釣れているのはエソばかり。私と同行者含めてもエソが10匹以上...。
???「どないなってんねん岸和田の海は?」
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。