ライトショアジギング26 in 岸和田一文字

泉南地域でブリが連発していたのもどうやら終了し、大阪湾の青物としては次のイベントを待っている、そんな状態です。
7月といえば、そろそろツバスが釣れてもよい頃ということで調査してきました。
(といっても、前日にはフィッシングマックスの店員が調査に行っており、不発だったようで期待薄です...。)

朝一の船で沖の北に渡ってみると、とにかく風が強い。
南西方向からの風でジグはまともに飛ばず、糸ふけがとても出る。
何回か投げてしゃくってみますが、風でラインが引っ張られ、まともにジグが動いてなさそう。

それでも手前付近は風の影響を受けにくいのか、しゃくっていると、ベイトフィッシュサイズのサバが食ってきました。
2016-07-03-001.JPG

この風で魚が堤防際によっているかもしれないし、根魚でも狙おうとタックルチェンジ。
シーバスロッドに20gのジグというスーパーライトショアジギングスタイルで挑みます。

堤防に沿う形で軽くキャストし、3回ジャークしてフォールさせます。すると根がかり発生と思いきや、タコが釣れました。
2016-07-03-002.JPG

昨年もジグにタコが反応したことがあったので、ジグで狙えるのではと思い、同じパターンで探っていきます。
結果としては、根がかりで殉職したジグ多数でしたが、合計4匹釣ることができました。
2016-07-03-005.JPG

メジャークラフトが新たに仕掛けようとしているスーパーライトショアジギングですが、
以前よりシーバスロッド・エギングロッドで20g前後のジグを使っている身からすれば、結構ありだと思っています。
40g前後のジグを使うライトショアジギングって意外と疲れます。そんな中で、20gぐらいだと全然疲れません。
軽い分、潮が速い場所や水深のある場所には対応できませんが、体力を消耗した中でも、もっと釣りを楽しめます。

■タックル(1)
ロッド:メジャークラフト ザルツ ZAT-982LSJ-EX(元ZAT-962LSJ)
リール:DAIWA 14エクセラー 3012H
ライン:DUEL ハードコア X4 1.2号
リーダー:SUNLINE SYSTEM SHOCK LEADER NYLON 25lb
ルアー:ダイソー ジグベイト 40g ブルー

■タックル(2)
ロッド:Abu Garcia クロスフィールド XRFS-862M
リール:DAIWA 15フリームス 2506H
ライン:SHIMANO パワープロ 0.8号
リーダー:SUNLINE SYSTEM SHOCK LEADER NYLON 16lb
ルアー:メタルジグ 18~20g
プロフィール

新茶
ライトショアジギング熱狂中
最近、シーバスしてます。